イメージ画像

『すまいらーく』の記事ピックアップ!

需要は後から付いてくると考えたのが最大の誤り
ネット社会ならではの法整備と刑罰を国際的に統一する必要がある。この意図のもと、一九九四年のG7サミットで決定、翌九五年に発足したのが(GIIC)しかし、温壷に見てみる。である。当初、日本の現状まずは、お膝元である日本の現状から。ブロードバンドを導入した日本では、ユーザーの八○%が米国の現状米国と聞いただけで、情報大国のイメージを頭に描いてしまう。確かに、情報大国に違いないが、現状は日本や韓国と比較して、遅れていると言わざるを得ない。インフラさえ整えば、需要は後から付いてくると考えたのが最大の誤り。結局、思惑通りにマーケットは動かず、ITバブルの崩壊を招いた。また、CATVがあまりにも普及しているのも阻害要因で期待できる。満足の意を示している。その理由は簡単明瞭、正直に尽きる。やはりリーズナブルな利用料金にある。接続しっ放しでも、月額料金が定額なのが最大のポイント。実際、日本の通信料金は、世界で最も安価と言われている。一方、インフラ面では、ブロードバンドは最終的に光が担うと考えており、光ケーブルの配備は順調に進んでいる。インフラ環境でも問題はなさそうである。しかし、鳴戸はまだまだ未成熟と突き放す。

最新更新記事

最新の不動産情報を手に入れる意味

  • 不動産業界の知られざる姿を赤裸々にします!!
  • 人生を左右する買い物だから、よりよい不動産屋さんをピックアップ!
  • 毎日記事を更新していき、常に新しい情報を提供します!
  • こつこつと毎日の記事を読むことで、不動産業界の知識を深めることができます!

このページの先頭へ